Fri.

取り都合

繊維の方向を考慮し傷などを除けながら、効率良く取ることは、とても重要で、これは製品にした時の善し悪しや利益に直結します。

この作業は時間がかかってもじっくり行います。2016.09.23取り都合
13:57 | 革もの | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Wed.

先日納品させていただいたベルト


コバを整えるのに必須なのが鉋。
ヘリ落としでは角を落とすことはできても面を落とすことはできませんが、鉋は角でも面でもどちらでも落とす事が可能。
なのでヘリ落としはすっかり使わなくなってしまった。

黒いベルトは写真写りがとても地味でみ。
しかも美錠を紙で覆っているのでなおさら。。

2016.09.21ベルト2






2016.09.21ベルト
16:19 | 革もの | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Thu.

ベルトの切り出し


ベルトのような長いパーツはどのようにして切り出すか。
・フリーハンドで包丁でカット
・定規に包丁をあてカット
・定規にカッターをあてカット

どれも正解。
やりやすいやり方でやれば良いのです。

わたしは定規にカッター派。

定規に庖丁の方がきれいで最高の切れ味ですが、切り出す本数が増えると切れ味が落ちてきて庖丁を研ぐ必要があり、ここで時間的なロスが発生します。決められた時間内で作り上げなくてはいけないので、極力ロスを最小限にとどめることが理想です。
それと、実は定規に庖丁の組み合わせはあまり得意ではないのです。
そう考えると切れ味が落ちたら刃の交換の楽なカッターになります。じゃあすべてカッターではと思うかもしれませんが、そうともいかず矛盾するかもしれませんが、うまく使い分けるのがベストだと思っています。。

2016.09.15ベルト
12:45 | 革もの | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Wed.

ブッテーロのグリーンを切り出し


ブッテーロのグリーンはブッテーロの中でも特に好きな色。
この透明感のある深く鮮やかな色は他の革ではあまりみかけません。

財布の表のみに使用します。

手切りしてから抜き型で抜きます。
クリッカーが無いので二度手間ですが、それでも手切りオンリーよりはるかに効率が良いです。。


2016.09.14財布
14:08 | 革もの | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Sat.

抜き型


8/9日に掲載した財布用の抜き型が上がってきました。
実際に使用するパーツ数は芯材なども入れると23個ですが、
注文した抜き型は16個ですが、使い回しできるものはなるべく使い少しでも型代をおさえます。

パーツ数は作り方によっては半分近くに減らす事も可能ですが、財布を使う時革の床面が見えないように作るとどうしても多くなってしまいます。。

この財布はOEMですが、基本的に型代は別途ご請求させていただいております。
抜き型を使わず全て手切りでの製作も可能ですが時間と手間が大幅にかかってしまい、かえってコストアップになってしまいます。


2016.09.10抜き型




上がってきた抜き型は必ず厚紙を抜いてみて、計測し、確認。
抜き型は手作りなので必ず狂いがあるのです。。
この狂いを認識せず作ると後々調整が大変なので。

2016.09.10抜き型2
18:01 | 材料・工具 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑