Mon.

コンパス

たいしたネタではないけれど、自分的に使いやすい「モノ」があると紹介したくなるのです。

革を裁断する時には、ペンで印を書くか、ネジ捻や、目打ちなどでけがく必要がある。
スエードや、表面に跡が付きにくいような革はペンで印を付けるしか無い。
たとえば型紙より1cm小さくしたいような時は1cmに広げたコンパスにペンを付け、型紙に沿ってなぞると簡単に1cm小さくする事ができる。ほとんどの人は同じような使い方をしていると思う。
普通にペンを付けられるコンパスは色々あるけれど、ペン芯のような細いものまで簡単に付けられる梅本デザインの「マルチコンパス」はお気に入り。
シンプルなデザインもよい。。


銀ペン芯でもOK
2012.10.28コンパス3



こんなに太いマジックは使う事はほとんどないですが . . .
2012.10.28コンパス2



刃が付いたペンを付ければサークルカッターにも。
2012.10.28コンパス
20:57 | 文具 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Sun.

ツバメノート Night & Day Dimple カバー

見てもわかるように大学ノート使用の最小サイズです。
丁度フリスクとほぼ同じ大きさです。
この最小サイズのメモ帳に合わせてカバーを製作しました。
ボールペンも合わせて、なるべく小さなものを使用したいところです。

ちなみに一番右はこの中では最も細く、軸を回すとペン先が表れるタイプ。銀座ITOYAで購入。

隣の黄色いペンはキャップ式のボールペン。銀座 五十音で購入。

グレーのぺんは伸縮するタイプで書く時には長くなるので持ちやすい。有隣堂で購入。

一番左の黒いペンもグレーのペン同様伸縮するタイプ。この中では一番大きいのでバランス的にどうかな。。。
2012.08.11ナイトアンドデイディンプルカバー3



表紙はイラストレーターYOUCHANによるもの。
写真では5種類のシーンですが、本当は10種類のシーンがつながっていて、見ていても楽しいです。
2012.08.11ナイトアンドデイディンプルカバー4
ツバメノートNight & Day Dimple(ナイト・アンド・デイ ディンプル)
仕様:プレイン(白無地) 30枚60頁、ツバメ中性紙フールス使用、ミシン目付き、背見出し同梱
寸法:W70 x D31 x H4(mm)






サイズやデザインを微妙に替えながらの試作。
実はこれ、ネット販売する予定の商品。
手の中に収まる小さいサイズなので鞄やポケットに入れても邪魔にならず持ち歩くには良いと思う。
2012.08.11ナイトアンドデイディンプルカバー





あとはペンホルダーの大きさを太い方に合わせるか、細い方に合わせるか迷うところ。。
2012.08.11ナイトアンドデイディンプルカバー2










00:21 | 文具 | comments (7) | edit | page top↑
Tue.

LAMY safari

 実は文具が大好き。

コレクターと言う程ではないが色々と集めてしまう。
得に万年筆は大のお気に入り。

普段使用するのはけして高価なものではありませんが、タフで気兼ねなく使えるもの。
最近ではLAMY safari スケルトンモデルを愛用している。

購入時にはブルーのインクカートリッジが1本付いていますが、今はコンバーターを装着して使用している。
実はこのコンバーターのカラーリングにやられてしまったのである。
赤黒のコントラストがなんとも好みなんであります。

スケルトンボディ越しで主張している。

お気に入りの1本です。



ドイツ・ラミー社のサファリシリーズは1980年にドイツの児童教育向けに開発されたのが始まりで、時折リリースされる特別カラーの限定モデルは常に筆記具ファンから注目の的となっています。

スケルトンモデルは2002年から加わり、この透明なデザインは元々お客さんに万年質の構造や仕組みを理解してもらうために作られたとも言われているとか。




シンプルでいてモダンなカラーリングがたまりません。
2011.06ラミー3

透け透けのボディ越しから見てくれと言わんばかりに自己主張している。
2011.06ラミー2

専用インクにはインクの拭き取り紙が付いていて、これがまた良くできている。
紙をミシン目でカットし、紙でペン先をはさみ、余分なインクを拭き取っても紙が何層にもなっているので手にインクが付きません。
ドイツの商品は「機能美」と言えるものがたくさんありますね。
2011.06ラミー1
14:01 | 文具 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑