Thu.

きれいな空

さっきまでものすごい強雨だったのに、それも、ものの数十分で雨もやみ、気がつけば太陽が顔を出していた。


しばらくして、ふと窓から外を眺めるととてもきれいな空。


少し気温も下がったみたい。



今夜は熱帯夜から解放されるかな。。。。




2011.空
19:20 | カメラ | comments (5) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Tue.

マウスパッド

マウスパッド2枚。

裏には紺色で少し厚みのあるベロアを合わせてありますのですべりにくく、適度な弾力性があります。
ブラウンにブルーのステッチもきれいですね。

自分用とプレゼント用との事でそれぞれの名前を刻印してあります。

2011.06.マウスパッド
10:12 | 革もの | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Thu.

YKK COLOR CARD

作るものに合わせてファスナーの色も替えるのだけれども一般的に誰でも使うような色はすぐに手に入るのですが、微妙な色になるとなかなかありません。

そこで登場するのが「YKK COLOR CARD」です。
このカラーカードで578色あり、これだけ揃っていると逆に迷ってしまう程です。

色の感覚というのはとても曖昧で、「同じ色」「少し濃く」「少し薄く」といっても十人十色人それぞれ捉え方が違います。そんな時にカラーカードから選んでもらえば話しが早いです。

1点サンプルを作る時でもファスナーは3mから仕入ないといけないのでボツになるとロスが大きいです。
それでも色によっては常備在庫してないものも多く、注文しても2週間程度かかってしまいますがロスになるよりましですね。

来週またサンプル用でファスナー注文しないと . . . . . .




こういう実物が貼ってあるサンプル帳は価格がバカにならないんですよね~
 テンプレート2011.06ファスナーサンプル帳


カラーカードを見ているとなんだかワクワクしてきます。
 テンプレート2011.06ファスナーサンプル帳2
23:16 | 材料・工具 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Sat.

フルオーダー名刺入れデザイン

フルオーダー名刺入れのデザイン中です。
今回はイタリアの革を多色使いし、床面が出ないように見えない部分まで全てに革を貼り合わせます。
外ポケットが1つと、中の見開きにはマチ付きポケット1つ、その他ポケットが3つの合計5つのポケット付きです。
プレゼント用との事なので相手の名前の刻印入りです。
それとあまりゴツくならないようにと。。。

このようなポケットがたくさんあって、表裏全てに革を貼り合わせ、しかもゴツくならないようにするには極薄に漉いた革を全てに使い、厚みが必要な部分には適宜芯材を入れて仕立てます。

革の分量としても従来の2倍ぐらい必要になりますのでとても贅沢な仕様ですね。



革や糸の色などは既に決まっていたので、PCでデザインしたものををメールで送り確認をします。
2011.06名刺入れデザイン


刻印の大きさ、位置などもPCでデザインしメール確認します。
2011.06.18刻印位置
17:32 | 革もの | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Tue.

LAMY safari

 実は文具が大好き。

コレクターと言う程ではないが色々と集めてしまう。
得に万年筆は大のお気に入り。

普段使用するのはけして高価なものではありませんが、タフで気兼ねなく使えるもの。
最近ではLAMY safari スケルトンモデルを愛用している。

購入時にはブルーのインクカートリッジが1本付いていますが、今はコンバーターを装着して使用している。
実はこのコンバーターのカラーリングにやられてしまったのである。
赤黒のコントラストがなんとも好みなんであります。

スケルトンボディ越しで主張している。

お気に入りの1本です。



ドイツ・ラミー社のサファリシリーズは1980年にドイツの児童教育向けに開発されたのが始まりで、時折リリースされる特別カラーの限定モデルは常に筆記具ファンから注目の的となっています。

スケルトンモデルは2002年から加わり、この透明なデザインは元々お客さんに万年質の構造や仕組みを理解してもらうために作られたとも言われているとか。




シンプルでいてモダンなカラーリングがたまりません。
2011.06ラミー3

透け透けのボディ越しから見てくれと言わんばかりに自己主張している。
2011.06ラミー2

専用インクにはインクの拭き取り紙が付いていて、これがまた良くできている。
紙をミシン目でカットし、紙でペン先をはさみ、余分なインクを拭き取っても紙が何層にもなっているので手にインクが付きません。
ドイツの商品は「機能美」と言えるものがたくさんありますね。
2011.06ラミー1
14:01 | 文具 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑