Tue.

ラウンドミラー

直径7cm強のコンパクトなラウンドミラーです。
裏にはここのところシリーズ化しているカットワーク。




最後にコバを仕上げ完成です。
2012.05.22ラウンドミラー



今回は「洋なし」「うさぎ」「いちご」「王冠」の4種です。
2012.05.22ラウンドミラー2
17:37 | 革もの | comments (0) | trackbacks (1) | edit | page top↑
Sat.

丸いものはこれでした。


積み上げられたガラスのようなものが . . .

そうこれは鏡です。

よ~く見ると革の上に鏡を貼り合わせてあります。
2012.05.19ラウンドミラー2




もうおわかりですね。

鏡を革でサンドイッチし、ミシンがけ。
2012.05.19ラウンドミラー
あとは、糸留めし、コバを仕上げれば完成。。。





15:38 | 革もの | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Wed.

丸いもの



正円に裁断し . . .
2012.05.16ラウンドミラー



更に中心を丸くくり抜いて . . .
2012.95.16ラウンドミラー3



丸くくり抜かれたコバを先に仕上げ . . .
2012.05.16ラウンドミラー2



すると . . .



14:04 | 革もの | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Sat.

コバの色合わせ

革にも色々な種類の鞣しや、数えきれない程の色の仕上げがあります。

革製品はほとんどはコバ処理をします。
タンニン鞣し(ヌメ革)ならコバも磨けばきれいになりますが、クロム鞣しの革は同じやり方ではうまくいきません。そのためクロム鞣しの革には顔料などのコバ塗り剤で仕上げる事になります。しかし既製品では限られた色数しかありません。メーカーによっては別注でオリジナルカラーを作ってもらう事も可能なのですが、量が多過ぎてしまいます。そのためその都度色を調合してオリジナルカラーを作ります。



理論的にはシアン(青系)、マゼンダ(ピンク系)、イエロー、ブラックの4色の組み合わせでどんな色でも作る事は可能です。カラーコピーの原理と一緒ですね。


原液の状態ではぴったりでも塗って乾くと濃く仕上がる傾向があるので、必ず塗って乾かしてから色の確認が必要です。


今回はドイツシュリンクのパープル色に合わせて、あえてブラックは使わず、ネイビー、ホワイト、レッド、イエロー、ブルーの5色を組み合わせてつくりました。



2012.05色作り



楽しみながら作ってます^^
何度も何度も継ぎ足しし色を合わせていきます。
2012.05色作り2




自分で言うのもなんですが色合わせはバッチリです。
写真ではわかりにくいですね。
2012.05.12色
出来上がった色は少し多めに作ってストックしておきます。


16:03 | 材料・工具 | comments (4) | trackbacks (1) | edit | page top↑
Tue.

ウォーキングスナップ

ゴールデンウィーク中のウォーキングスナップ。




象の鼻テラス上にそびえたつ巨大な象の鼻
2012.05ゾウノハナ



「エンジョイ!ゾウノハナ!」
ピクトグラムがカワイイ
2012.05ゾウノハナ地区



海上保安資料館 「工作船展示館」
銃撃戦の末自爆するまでのビデオが流されていてあまりの生々しさに背筋が凍り付いた。
自爆後沈没し引き上げられた工作船が展示されていている。
まさに鉄の鎧ををかぶった凶器です。
2012.05みなとみらい
赤レンガパーク隣、入場料は無料なので興味のある方は覗いてみて下さい。




ピースボート世界一周の旅
2012.05みなとみらい2
12:27 | カメラ | comments (2) | trackbacks (1) | edit | page top↑