Thu.

工具入れとチャーム



正面の愛犬のシルエット
2016.01.14工具入れ






2016.01.14チャーム3





中に入れるものは実物とは違いますが、近いものを入れてみました。
2016.01.14チャーム2





愛犬のシルエットでチャームもおつくりいたしました。
2016.01.14チャーム
10:28 | 革もの | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Tue.

工具入れ制作中



2016.01.12工具入れ2






2016.01.12工具入れ






2016.01.12工具入れ4






2016.01.12工具入れ3
11:40 | 革もの | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Mon.

工具入れの試作


ナンタケットバスケットを制作されている方から、制作するための工具を入れるケースをオーダーいただいていて、そのための試作です。
使用される工具類を借りられればよいのですが、なかなかそうもいかず、いただいた写真と採寸をもとに形状を割り出していきます。
素材は帆布と革の組み合わせなので、金額を考えれば試作をしている余裕はありませんが、やはり入れる大きさが全て違う立体的なものでは試作は必須。


2016.01.11工具入れ試作
10:50 | 革もの | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Sun.

テスト

ラウンドジップ財布に気になるところがあったので、仕様を見直してます。

マチの形状、ファスナー幅、カードスペース、コインスペースなどなど。
一見するとどこが変わったかわかりませんが、この微妙なサイジングが使い勝手に影響します。

ちなみに写真の財布はラウンドジップ財布の長さだけを短くしたもの。



2016.01.10テスト


13:05 | 革もの | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Sat.

ちょっとしたことですが. . .

私はデザインを考える時、曲線を多用したり、角を丸めたりと、直線以外を好んで使用する傾向があります。

型紙を作る際直線であれば定規をあてればきれいにカットできますが、曲線はフリーハンドでカットすることになります。
すると見た目的には、ある程度きれいに見えますが、触ると微妙に凹凸があることがあります。

そして、型紙をきれいに仕上げるため直線以外は全て800番程度のサンドペーパーを使い滑らかになるよう研磨します。
これでクオリティの高い型紙ができます。

型紙がきれいな程後の行程が楽になりますので。


2016.01.09型紙
10:55 | 革もの | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑