Sun.

「自作電気ネン」の作り方

レザークラフトにはネンを入れるという行程があります。
フチなどに熱いコテをあて、締めて飾りのラインを入れる事でモノがグッと引き締まります。

その専用工具には電気コテ式とアルコールランプで専用工具先を熱して使うやり方がありますが、初心者の方や、やった事の無い方には価格等も含めて敷居が高いと思うかもしれません。
そこで、お金をかけずに試してみたいという人に「自作電気式ネン入れ具」の作り方^^
用意するものはホームセンターで売っている「4mmの真鍮棒」と「スポンジ研磨材」
スポンジ研磨材の代わりに800番~1500番程度の紙ヤスリでもいいです。
ダイソーで売っている「ハンダゴテ20W」、「ダイヤモンドヤスリの丸、平、四角」丸は4mm以下でなるべく細いもの。平はなるべく大きいもの、四角はなるべく薄いものが使い良いと思います。平と丸だけでも出来ますが(笑)
写真に写っている黄色い持ち手の丸ヤスリは家にあったものでダイソーではありませんが、これぐらい細いと理想です。あとバイスなど真鍮棒を研磨する時に固定できるものがあると作業効率がいいです。
電気式飾りネン1
赤い先端の棒がハンダゴテに装着されていたモノ。4mmの太さです。
4mmの真鍮棒を装着されていた長さぐらいにカット。鉄ノコが無い場合はダイヤモンドヤスリの角をあててある程度削れば簡単に折る事ができます。
電気式飾りネン2
ダイヤモンドヤスリ平を使って側面先端付近を丸棒から四角に近い形まで削ります。
先端をダイヤモンド四角の角を使って後で削りやすいように筋を入れ、ダイヤモンド四角でくぼみがでるまで削ります。次にダイヤモンド丸を使って更に削りくぼみの形をつくります。
電気式飾りネン3
先端を丸めるように削り、スポンジ研磨材などで全体を仕上げます。
電気式飾りネン4
微妙に左右の高さを付けると使いやすいです。
電気式飾りネン10
先端に近くになるにつれ丸棒から四角に近い形状になってます。
ダイソー以外のハンダゴテ先も4mmを使っている物が多いので、もっと良いハンダゴテに装着する事も可能です。
電気式飾りネン5
装着したところ。やっぱり真鍮は好きです(笑)
電気式飾りネン6
早速ためしてみると. . . . . ネンはキレイに入りますね^^。
専用工具にはかなわないかもしれませんが試してみるには十分ですね。
慣れは必要ですがそれなりに使えるかもしれません(笑)
革質やなめし方でネンの入り方が違うので必ず試してから使用して下さい。
電気式飾りネン8
ヌメ革はクロム革に比べて温度を低くしないと焦げやすいので注意が必要です。
左のソフトヌメは「温度調節コントローラー」を使い低温で引いたネンです。
右のヌメはそのまま引いたネンです。少し焦げ気味ですね。好みもありますが、微調整が必要であれば「温度調節コントローラー」があった方が良いかもしれません。
ちなみに「温度調節コントローラー」を持っていなかった頃は濡れた雑巾や試し革(温度を下げるために何度もネンを引く)で温度を下げて使ってました^^;
電気式飾りネン9
「温度調節コントローラー」あると何かと便利です。
電気式飾りネン7
11:03 | 革もの | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
ショルダーバックのデザインと型紙 | top | サイフ完成♪

Comments

#
ぶはは
なんでも作っちゃいますねー
僕は袋物が多いので念ゴテはあまり使いません。
でも一本ほしかったところなので超参考にさせてもらいます。

前の記事に黒檀を使ってヘリ磨きを作っていましたが
黒檀使用もいただきました<(_ _)>
僕は、握って使うキューブ状のヘリ磨きを使っています。
ダイソーで買った正方形の木片を削って作ったのですが
数年使って溝が甘くなってきていました。
で、記事を読みハンズで黒檀キューブ買ってきて作りました。
また良いのがあったら教えてねー
by: fuse | 2008/09/25 13:53 | URL [編集] | page top↑
# 工作得意です^^
*fuseさん*

はい。何でもつくっちゃいます(笑)

材料代が抑えられるので試すには丁度いいですよ。
使い勝手は個人差があるので何とも言えませんが、
そこそこ使えると思いますよ^^
肝心のネンもキレイに入りますし、市販のネンコテと仕上がりは大差ないですよ^^

黒檀の磨き棒次を製作中です。
完成したらまたアップしますので(笑)

まだまだ自作ネタありますので。
乞うご期待~お楽しみに~^^/
by: くま | 2008/09/25 17:27 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://admaiora1027.blog115.fc2.com/tb.php/171-3280b611
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)